AQUARIUM

【レビュー】吸着系「JUN プラチナソイル」のご紹介!

プラチナソイルTOP
チャーム本店
トモキチ
トモキチ
昨日は栄養系ソイルのリーフプロソイルの感想などを紹介したから今日は吸着系だね!
ハカセ
ハカセ
そうじゃ。実際に栄養系と吸着系でどの程度違いがあるものなのかを比較実験していくぞ!
トモキチ
トモキチ
今後のソイル選びの基準にもなりそうだね!早速みていこ~

先日は水草向け栄養系ソイルの Leaf Pro soil リーフプロソイル水草向けノーマルとパウダーを紹介しました。

是非そちらの記事もご覧ください。

リーフプロソイルレビュー
【レビュー】栄養系ソイル「Leaf Pro Soil リーフプロソイル」の紹介!開封編 みなさんこんにちはトモキチです。 前回の選び方について勉強したことをシェアしてみました。 ソイルの選び方については以...

今回は吸着系ソイルの代表的なものである「JUN プラチナソイル」について紹介していきます。

今後は二つのソイルを使用した比較レビューなども書いていこうと思っていますので是非最後までお付き合いください。

1.包装

プラチナソイル包装比較として購入したリーフプロソイルとは違い、外箱などはなくビニールの袋に直接入れられて販売されています。

外箱ありと比べると輸送状態などによってはソイルの型崩れなどがありそうなので実際の店舗で見てから購入するという選択肢もありだと思います。

こちらのソイルは比較的多くのホームセンターなどで取り扱いがあり、入手性の良さはとてもGOOD!ですね。

袋自体は分厚いビニールのようですので購入して持って帰るまでに破れてソイルが漏れてしまったりなどはなさそうな感じでした。質感は・・・まあ普通。といったところでしょうか。

2.開封、色

プラチナソイル開封袋を開けてみるとこんな感じでした。
(ちょっとピンボケです・・すいません。)

ノーマルとスーパーパウダー

今回はノーマルタイプとスーパーパウダーを用意しました。

ソイルの選び方で紹介した通り大きなソイルを下層に敷いて細かなスーパーパウダーを上層に敷く2層構造で通水性と水草の植えやすさを両立させる作戦です。

ソイルの選び方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

ソイル選び方
初心者アクアリストがソイルを選ぶ!それぞれの特徴やサイズ選びも解説! 水槽ではベアタンクと呼ばれるソイルなど、底砂をなにもいれないものもありますが、現在はソイルと呼ばれる土を固めて作ったものを底砂と...

色について

色は完全な真っ黒。ジェットブラックというだけあって真っ黒です。

前回紹介したリーフプロソイルは少し茶色がかっていたのに比べてこちらの商品は真っ黒のソイルでした。

真っ黒だと熱帯魚や水草の色が際立つので良い感じですね。

真っ黒は暗くなりがちだから明るい茶色やブラウンがいいっていう方の場合はこちらのソイルじゃないものを選んだ方がいいかと思います。

3.サイズ比較

まずはノーマルサイズの写真です。

プラチナソイルノーマルサイズ1

ノーマルサイズは3mm前後のものが大半を占めていて5mmを超える大粒は見当たりませんでした。逆に2mmを下回る様な小粒は少量入っていました。

リーフプロソイルのノーマルサイズを比べるとかなり粒が小さいことがわかります。

ソイルのサイズも水草の根付きなどに影響があるのでしょうか?今後検証して追記していきます。

次にスーパーパウダータイプです。

プラチナソイルスーパーパウダースーパーパウダーには1mmを下回る様な小粒~2mm以下の粒が大半でした。3mmを超えるようなものは見受けられませんでした。

リーププロソイルではパウダータイプを購入していましたので比較にはなりませんが、スーパーパウダータイプはとても粒が小さく水草が植えやすそうです。

4.導入・透明度

30キューブ水槽に導入

プラチナソイル導入

実際に30cmキューブ水槽に導入してみました。

レイアウトにもよると思いますが、ノーマル3Lとスーパーパウダー1Lでは少々足りないなと感じる量でした。

ノーマルパウダーはもう少しだけ量が欲しかったのですが、次に大きいサイズが8Lの包装でしたので量の融通がちょっと利かないかな?という印象です。

立ち上げ3時間後

プラチナソイル注水3時間後

立ち上げ後3時間たった状態の写真です。

前面部分は量が足りず、リーフプロソイルを使用していますが、それでも水の透明度は抜群。立ち上げ数時間で水がピッカピカです。

水量の違いやレイアウトの違いはあれど、全てリーフプロソイルで立ち上げた水槽とは水の透明度が全然違うのがわかります。

やはり、立ち上がりが早い水がすぐキレイになる生体の導入時期が早くなるというのは初心者にとって非常にGOOD!だなと思いました!

吸着系と栄養系では初期の立ち上がりに大きな違いがあることが見てわかる結果となりました。

立ち上げ三日後のPhは約5.5でした。立ち上げ初期はかなり酸性側に傾く傾向にあるようです。

まとめ

今回は「JUN プラチナソイル」のノーマルとスーパーパウダーについて紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?

完全に使用するソイルを分けて比較などしていくべきだったと後から後悔していますが、大半はプラチナソイルでの立ち上げとなっているので実際に長期維持してみた感想や使い勝手についても今後追記していこうと思います。

・水槽の立ち上がりが早い
水は数時間で透明度抜群!生体導入時期も早められるためせっかちさんには非常にいい。

・粒が小さい
ノーマルソイルだけ見ても粒のサイズが比較的小さめでスーパーパウダーに関しては非常に粒が細かいため、水草の植栽は非常にやりやすかったです。

・色が真っ黒
ソイルの色味が真っ黒で水草やお魚のきれさが際立つ!

・底面フィルターのつまりが心配
ノーマルサイズであっても結構粒が小さいので粒が崩れ始めたときに底面フィルターが詰まりやすいのではないかと思います。

これといって今のところデメリットがあまりないかなりオススメのソイルではないかと思います。

≪とびきり価格≫《おまけ付き》 JUN プラチナソイル ノーマル 8L ブラック 熱帯魚 床材
created by Rinker
¥1,980
(2020/11/01 03:15:29時点 楽天市場調べ-詳細)

【9/1限定楽天カード決済P12倍】 JUN プラチナソイル スーパーパウダー 3L ブラック 《国産天然土使用》【熱帯魚 水槽ろ過材 ソイル】

値段も安いしね♪

本日は以上です!

台風も過ぎ去っていい天気の中BBQをしたら最高すぎたトモキチなのでした。

BYE!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です